Entries

タッピンねじ⑦

タッピンねじ⑦タッピンねじの使用時のトラブルと解決法その3前回のタッピンねじ⑥で、トラブルに対する解決法について詳細を説明致します。適正締付トルクの設定下図のような貫通の下穴にタッピンねじをねじ込んで、頭部破断が生じた場合、                                          締付工具の発生トルク設定に問題がある場合が有ります。締結と同じ又は近い条件で、トルクアナライザ...

タッピンねじ⑥

タッピンねじ⑥  タッピンねじの使用時のトラブルと解決法その2 タッピンねじやボルト、小ねじを締付けた途端に座面近くで ねじが折れる。  ⅰ)ドライバーの発生トルクが高い ⅱ)使用ねじの選定 ⅲ)ねじ自身に欠陥が有る   イ)ねじ製造時の材料自身に欠陥がある   ロ)ねじ加工時の欠陥   ハ)ねじ設計時の欠陥   ニ)強度不足(熱処理、材料の使用・選定、寸法に欠陥)  が考えられます。 NHKドラマ「七つの...

タッピンねじ⑤

タッピンねじ⑤ タッピンねじ使用時のトラブルと解決法その1    タッピンねじがねじ込む途中から入って行かない     ( ねじ浮きが生じる )   考えられる原因     ⅰ) 相手材の下穴が小さい     ⅱ) 相手材と焼き付きが生じた     ⅲ) タッピンねじの焼入れ硬さが低い     ⅳ)相手材の下穴、タッピンねじの外径バラツキ       ⅴ) ドライバーの発生トルクが低い    解決方法    ...

タッピンねじ②

タッピンねじ② タッピンねじを相手材に締め付ける際に、             ねじ込み開始図                         締付け図   ねじ込み開始図の状態から相手材にタップを立てながら、締付け図の状態になり締結されます。その過程において、開始時にタップを立てるのに大きな力(トルク)が必要になります。その力(トルク)が下図"ねじ込みトルク線図"に示す、ねじ込みトルク(Driving Torque)...

タッピンねじ①

タッピンねじ① タッピンねじとは小ねじは相手側にタップ穴(めねじ)やナットが使用されます。めねじの加工は相手側にドリル又はプレスにより下穴を明けて、その後タップ(Tap)工具を使用してめねじを加工します。作られた”雌ねじ”、”ナット”に”雄ねじをねじ込み使用します。このタップ加工を無くし、ねじ自身が直接、ねじ込むと同時に雌ねじを作るねじが ”タッピンねじ” です。横文字で書くと ”Self Tapping Screw”上図の工程に...

Appendix

プロフィール

ねじ職人

Author:ねじ職人
㈱ヤマシナ(旧 山科精工所)に入社して、はやウン十年。日本の発展のためにお役に立てればと、高性能、高品質のねじ作りに日々努力して参りました。
私たちが作ってきた愛すべき精密部品「ねじ」の奥の深さをご紹介します。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ご訪問者

QRコード

QRコード