Entries

ALTRACS-②

アルトラックスの設計理念 ねじ込みトルクの軽減       ねじ先端形状               山角33゜    ・ねじ先端が特殊な形状(三角に近い形状)になっている。・ねじ山角が33゜に造られている。  山角33゚は小ねじ・一般タッピンねじの山角60゚に比べ、めねじを   成形する容積が小さい ねじの強度           ねじ山形状      ・軽合金の強度に対して、バランスのとれた...

ALTRACS-①

アルトラックの特徴 ねじ山形状        山角 22゜ 11゜の非対象  アルトラックの効果・タッピング性能のねじ込みトルクが軽い・小ねじ、ボルトと同等以上の高い締付力(軸力)が得られる・熱応力による軸力の低下が少ない・小ねじ、ボルトとの互換性がある・経済的に30%程度のコスト削減が可能ご要望やお問合わせはここから又は(株)ヤマシナのホームページからお願いします。 ALtracs(アルトラックス) は...

TAPTITE2000

TAPTITE2000®ファスナーは、軸部断面のTRILOBULAR™形状とRadius Profile™のねじ山 デザインによって、ねじ山成形機能を持ちながらも真円断面の軸部を持つマシンスクリュー に劣らない効果的なトルクと軸力の関係が得られます。         軸部断面(おむすび形)         TRILOBULAR™(トライロビュラー)形状は、図で見られるように「軸部の断面が3つの頂上部と谷部が交互に変わっていく多角形」と定義づけられます。ね...

タッピンねじ④

タッピンねじ④ ねじ込みトルクの軽減化タップタイトタップタイトは、ねじの断面が等直径の三角形(おむすび形)をしている、非円形ねじの代表的なもので、米国コンチネンタルスクリュー社により開発された製品。1970年4月にIFI(アメリカねじ工業協会)で、1970年8月には、MS(軍用規格)に高性能THREAD ROLLING SCREW として規格化されている。                         詳細は タップタイト...

タッピンねじ③

タッピンねじ③  ねじ込みトルクの軽減化 ねじ込みトルク線図に示すように、相手材にメネジを立てるに必要な力(トルク)をねじ込みトルク(Driving Torque 略してDT)と言いますが、その力を軽減させるのに、ねじの先端部分にいろんな細工を行います。(軽減することにより、生産性の向上、疲れが減少します)(株)ヤマシナが開発した製品   エバタイト              ねじの先端部が上図のように      ねじ部の先端...

Appendix

プロフィール

ねじ職人

Author:ねじ職人
㈱ヤマシナ(旧 山科精工所)に入社して、はやウン十年。日本の発展のためにお役に立てればと、高性能、高品質のねじ作りに日々努力して参りました。
私たちが作ってきた愛すべき精密部品「ねじ」の奥の深さをご紹介します。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ご訪問者

QRコード

QRコード