Entries

ねじ用材料⑩

ねじ用材料⑩非鉄金属アルミニウムアルミニウムの最も大きな特徴は軽いこと(鉄の約1/3)で、軽量化時代の主役的な材料と言えます。その他に錆びにくい、電導性、熱伝導性に優れていることが上げられます。純アルミニウムでは強度は低いが、圧延や引抜き加工、合金化や熱処理 (時効処理:表の※印は熱処理が可能) によって鉄に匹敵する強度が得られます。耐食性の向上や装飾性の観点から表面処理として陽極酸化処理(アルマイト)が施...

ねじ用材料⑨

ねじ用材料⑨非鉄金属非鉄金属で主としてねじに使われているのが、銅合金の黄銅(真鍮)、銅、アルミニウムなどです。  黄銅(真鍮)  黄銅は銅と亜鉛の合金で真鍮とも呼ばれ、一般的にねじ用材料に使われているのは銅(CU)が63~67%、残りが亜鉛(Zn)で、合金番号が"C2700"のものが最も多く使用されています。 合金番号の一桁目は、銅及び銅合金を表すC(Copper)です。 (一部にC2600が使用される場合があります。)    銅銅は酸...

ねじ用材料⑧

ねじ用材料⑧ステンレス鋼 フェライト系ステンレス鋼フェライト系ステンレス鋼でねじ用材料として一般的に多く使用されているのがクロームが18%含まれていて、”18CR”で呼ばれていた”SUS430”です。”SUS430”の特徴としてⅰ)焼入れによって硬化しないⅱ)磁石につくⅲ)ヘッダー、転造の冷間加工性は比較的良いⅳ)耐食性はSUS410より優れているオーステナイト系ステンレス鋼オーステナイト系ステンレス鋼はク...

ねじ用材料⑦

ねじ用材料⑦ ステンレス鋼ステンレス鋼(Stainless Steel)は Stainless:錆びない、汚れの無いと訳されますが、錆びないことは無く、錆びにくい鋼といえるでしょう。ステンレス鋼には、マルテンサイト系、フェライト系、オーステナイト系の3種類に分けられます。ねじ用材料としてはその3種類共が使用されますが、特にオーステナイト系では耐食性は良いが、クローム(CR)やニッケル(Ni)の含有量、割合により、ヘッダー、転...

ねじ用材料⑥

ねじ用材料⑥合金鋼鋼に、より高い強さ、硬さ、耐磨耗性、耐食性、耐摩耗性を得るために、Ni(ニッケル), Cr(クローム), Mn(マンガン), Si(シリコン), Mo(モリブデン), W(タングステン), Co(コバルト), B(ボロン), V(バナジュウム) などの合金元素を1種類もしくは数種類加えたものが合金鋼です。加える元素の働きは 焼入性合金鋼を使用する利点の多くは焼入性の向上が上げられます。上表の元素の働きに有りますように、焼入性を向上させる元素が数点あります。焼の...

ねじ用材料⑤

ねじ用材料⑤ 冷間圧造用炭素鋼(JISG3507) Carbon steel for cold heading線への加工SWRCH  SWCH(線) への加工種類の記号の3文字目のRが無くなりSWCH○○□に変わります。 線への加工はROD材を使用して線引き(ROD材をダイスの中を引き抜く)したり、焼鈍を行ったりして細くして行き線に加工します。線の受入伸線メーカにより線に加工された製品は検査成績表が添えられて納入されます。 ...

ねじ用材料④

ねじ用材料④炭素鋼  種類の記号   キルド鋼、リムド鋼の材料種類の記号は次の意味を持っています。    SWRCH                                Steels for cold heading : Wire rods  連続鋳造法(連鋳法)   前回に「製鋼によって溶けた鋼(溶鋼)を鋳型に流し込みインゴット(鋼塊)を造ります。」    と説明しましたが、現在では殆どが連続鋳造法という製法によって造...

ねじ用材料③

ねじ用材料③炭素鋼  前回に炭素鋼の概要について説明をしましたが、  炭素鋼のねじ用材料に限って説明しましょう。 ねじ用材料の製法による違い  ・溶鉱炉に鉄鉱石とコークス、石灰石などを炉中に入れ、   炉に熱風(約2000゚C)を吹き込み銑鉄を作ります。  ・鋼を造るのには、銑鉄、クズ鉄(スクラップ)、鉄鉱石、石灰石   などと一緒にして製鋼炉(主流は転炉)で溶かします。  ・製鋼によって溶けた鋼(溶鋼)を鋳型に流...

ねじ用材料②

ねじ用材料② ねじ用材料として使われる金属材料について 金属材料では、鉄鋼と非鉄に分けられます。 その鉄鋼の中でも、炭素含有量の違いにより分けられます。 (数値の取り方については諸説いろいろ有ります) ねじの材料としては、鉄鋼の中でも鋼が使用され、 炭素含有量は 0.10%~0.5%が最も多く使用されます。   (時には純鉄も電磁用として使用) 鋼には炭素(C)のほかにシリコン(Si)、マンガン(Mn)、...

ねじ用材料①

ねじ用材料①ねじに使用される材料には主に次の線材が使用されます。 鉄(鋼)線、ステンレス線、黄銅(真鍮)線、銅線、アルミニウム線、チタン線、その他 材料はコイル状に加工され、線材をターンテーブルに載せ回転させて、線材をヘッダー機に挿入し、機械内で所定の長さに切断されねじに加工されます。鉄線 ステンレス線 黄銅(真鍮)線 銅線 アルミニウム線 材料(線材)の使用状態 ...

軟硬あわせもつ? 材質

では材質は?これもねじの性能・機能に影響します。大きくわけて鉄鋼と非鉄金属に分かれます。○鉄鋼        炭素鋼  ・・・・ 一般用ねじ~高強度合金鋼  ・・・・ 高強度ステンレス鋼  ・・・・ 耐食性○非鉄金属       アルミニウム合金 ・・・・ 軽量化、耐食性黄銅        ・・・・ 電気部品銅         ・・・・ 電気導通性チタン合金    ・・・・ 耐食性、軽量化、高強度化...

Appendix

プロフィール

ねじ職人

Author:ねじ職人
㈱ヤマシナ(旧 山科精工所)に入社して、はやウン十年。日本の発展のためにお役に立てればと、高性能、高品質のねじ作りに日々努力して参りました。
私たちが作ってきた愛すべき精密部品「ねじ」の奥の深さをご紹介します。

最新記事

検索フォーム

ご訪問者

QRコード

QRコード