Entries

DELTA PT-②

デルタPT

デルタPTの特徴

ねじ山形状
     yamad.jpg
デルタPTの鋭角なねじ山先端(30゜)により樹脂をスムーズに変形させ、更に次の二段角(20゜)が変形させられた樹脂に対して"すかし"の役目を果たし、ねじ込みトルクを軽くさせます。また、樹脂をスムーズに変形流動させる(抵抗を減少)ことにより発熱を抑え、樹脂のクリープをも最小限に抑えられます。

ねじ山断面と応力分散
ねじの断面は真円形で、相手材との接触面積が大きく、また、応力も分散形状のためボスが割れにくくなります。


      応力集中
   warehg.jpg

繰り返し使用
繰り返し

s-DELptar.jpg

ご要望やお問合わせはここから又は(株)ヤマシナのホームページからお願いします。

DELTA PT はドイツのEJOT社 のライセンスです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nejisyokunin.blog85.fc2.com/tb.php/127-d356e6e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ねじ職人

Author:ねじ職人
㈱ヤマシナ(旧 山科精工所)に入社して、はやウン十年。日本の発展のためにお役に立てればと、高性能、高品質のねじ作りに日々努力して参りました。
私たちが作ってきた愛すべき精密部品「ねじ」の奥の深さをご紹介します。

最新記事

検索フォーム

ご訪問者

QRコード

QRコード