Entries

ねじ用材料②

ねじ用材料②

 ねじ用材料として使われる金属材料について
 金属材料では、鉄鋼と非鉄に分けられます。
 その鉄鋼の中でも、炭素含有量の違いにより分けられます。

(数値の取り方については諸説いろいろ有ります)

鉄鋼

 ねじの材料としては、鉄鋼の中でもが使用され、
 炭素含有量は 0.10%~0.5%が最も多く使用されます。
   (時には純鉄も電磁用として使用)


 には炭素(C)のほかにシリコン(Si)、マンガン(Mn)、リン(P)、イオウ(S)の
 5元素を含んでいます(炭素鋼)

5元素

 その5元素の働きとしては
元素効能
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nejisyokunin.blog85.fc2.com/tb.php/57-73419076

トラックバック

コメント

[C36]

なるほど。
  • 2012-05-14 23:36
  • ルービトブカ
  • URL
  • 編集

[C37] 教えてください

18A(アルミキルド鋼)の熱処理した小ねじをめっきする際に 約15%濃度の酸洗い処理に約12分ぐらい前処理したのですが その際に孔食・ピットの凹ができたみたいです。 しかしながら18Aの材料は通常扱っていて 同じ時期に処理した製品は大丈夫なんですが その1点の製品だけでした。 詳しい人に聞けば 線材の時ALが イレギュラーで表面部にあって それでねじを製造すれば 酸処理の際にALが酸で溶け 孔食凹ができる時があるとききました。ねじ屋さんは 酸がきついやろ!とぼやきますが それなら前後に処理した製品を同じ症状になるでしょ?と。 線材が悪くそうなることがありますか? またあればそのような文献はあるでしょうか?よろしくお願いします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ねじ職人

Author:ねじ職人
㈱ヤマシナ(旧 山科精工所)に入社して、はやウン十年。日本の発展のためにお役に立てればと、高性能、高品質のねじ作りに日々努力して参りました。
私たちが作ってきた愛すべき精密部品「ねじ」の奥の深さをご紹介します。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ご訪問者

QRコード

QRコード